フィリピンサバイバー 只今たった一人で戦闘中!

フィリピンサバイバー
フィリピンサバイバー > 月別アーカイブ 2010年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

フィリピーナタレントたちのその後。1

今日午後、ジーナと3人のフィリピーナが我が家にやってきました。


彼女たちは皆元タレントだそうです。


残念ながら写真をアップすることはできませんが、元タレントらしいフィリピーナばかりでしたよ。


彼女たちの今現在の暮らしぶり、興味深いものばかりです。



最初はジーナの従妹ラブリー、26歳の近況です。


身長160センチほどのスパニッシュ系の顔立ちをした、フィリピンで言うブラックビューティーです。


彼女は言うなれば最後のタレントです。


ラブリーは日本へファーストタイマーで行き、それで終わってしまったそうです。


で、彼女の今の稼ぎは実家で営む農業の手伝いと、乗り合いタクシーを弟に営業させ収入を得ていると言うのです。


しかしこれは表向き、実は日本人の愛人になって毎月送金を受けてます。


それも二人のスポンサー、パパ。


最近まで3人だったようですが、他のパパがいることがバレて別れたそうです。


一人のパパは、住宅建築会社の社長です。


もう一人のパパは、サラリーマン。


で、最近別れたパパは空手道場の経営者兼師範だそうです。


だからアーニーの車に「極○空手」のステッカーが貼ってあったんですねぇ。


これで疑問解決です。(笑)



ラブリーのパパの一人、建設会社社長は5月のゴールデンウィークにフィリピンに来てました。


その時にはアーニーとジーナはガイドとして、ラブリーと行動をともにしていました。


ジーナ曰く「仕事」だそうです。(汗)


仮にも自分の従妹。


愛人と言うか、売春婦と言うか、そんな仕事について行きお金を貰う。


私は嫌悪感を感じました。


これでアーニー&ジーナ夫婦への信頼は、?です




このラブリーと言うフィリピーナ


今回私の所に来たのは、新たなカモを見つけるためです。


「ジーナがよく話をする日本人、うまくすればカモを見つけられる。」


そんな思いから、車で7時間もかかるイザベラと言う田舎町からやってきたようです。(汗)




ジーナもラブリーも何か勘違いをしてますよねぇ。


私はこの手の話は大嫌いです。


だからフィリピーナにモラルを感じないんです。


愛人=女を売る行為。


売春婦となんら変わりがないわけです。


それを知っていて、従妹とともに日本人にたかるアーニー&ジーナ・・。


情けないですね。


やっぱりフィリピン人なんですよねぇ。


善悪を知りながら、お金のために悪に目をつぶる。


吐き気がします。


仮にもクリスチャン何だろう、お前ら。




ジーナが笑顔で「ラブリーです。」と紹介した彼女・・。


悪魔です。




最近、ここには書けませんが、もっとひどい悪魔フィリピーナにも遭遇しましたが・・。


今日はラブリーの話で終わります。


明日はシンディーと言う、女性の話です。


このフィリピーナもしたたかな生き方をしてますよ。







PS
リッキーさん。


こんな奴らを助けてやっていいのでしょうか?

やはりこの国は地球から消滅させるべきです!


スポンサーサイト



ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

2010年05月30日 トラックバック(0) コメント(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。