フィリピンサバイバー 只今たった一人で戦闘中!

フィリピンサバイバー
フィリピンサバイバー > 月別アーカイブ 2010年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

フィリピン、必殺仕事人の末路

今日は雨のフィリピン・マニラ・QC・サンタルシアです。


なんか、日本の梅雨の様な天気です。


こうなると、カラッとした天気がフィリピン


なんて思っていたのは間違いだったようです。


ジメジメして、凄い湿気に悩まされそうです・・。(汗)




さっき、このブログでも話題にした、山下さん射殺事件の続報が中日新聞さんより流されました。


異国での射殺多くの謎 静岡県出身の”問題解決人”山下さん

フィリピンのマニラ首都圏マカティ市で1カ月前、一人の日本人が射殺された。現地で犯罪などに巻き込まれた日本人や日系企業を顧客に「トラブルシューター」(問題解決人)をしていた静岡県出身の山下佳生さん(39)。仕事上のトラブルや交友関係には不明な部分が多く、地元警察の捜査は難航している。 (静岡総局取材班)

 幹線道路に銃声が響いたのは5月7日夜。地元警察などによると、ヘルメットに黒いジャケット姿の2人組が、信号待ちしていた乗用車に10数発の銃弾を浴びせ、バイクで逃走。次の瞬間、運転席の山下さんが、助手席の女性に覆いかぶさるように崩れ落ちたという。闘鶏場からの帰りだった。

 その後の捜査で、山下さんの遺体には計14カ所の銃創があり、9ミリ口径のサブマシンガンが犯行に使われたことが判明。同乗者は無事で、強盗被害もなかったことから、何者かに雇われたプロのヒットマンによる犯行との見方もあるという。

 山下さんは2008年、フィリピン人らとコンサルタント会社を設立。現在は閉じられたホームページには「犯罪に巻き込まれた、罪を犯してしまった、まずは相談を」などと業務内容を説明。日本大使館関係者は「逮捕された日本人への支援や警察との交渉など、トラブル処理をしていた」と証言する。

 危険と隣り合わせの仕事柄、山下さんには2人のSPが付き添い、現地警察から発行されたIDカードを持ち歩いていたという。

 事件当時は、日系企業によるリストラをめぐり、会社と解雇された従業員の仲裁を引き受けていた。フィリピン人の知人は「一部の従業員と退職金の額で折り合いがついていなかったが、それほど深刻なトラブルではなかった」といぶかしむ。

 ほかにも日本人との間で土地取引をめぐるトラブルを抱えていたとみられるが、マカティ警察署のアーネル・ノリエガ捜査官は「交友関係を中心に全部調べているが、今のところ犯人は絞られていない」と明かした。
フィリピン、未解決多く 「日本の警察に捜査を」

 フィリピンで日本人が殺害された事件では、真相が闇に埋もれてしまうケースが多い。「あの子はどんな思いで息を引き取ったのか。殺されるなら訳があったはず。理由を知りたい」。県西部に住む山下さんの母親(59)は悔しさをにじませる。

 母親が外務省から連絡を受け、現地に到着したのは事件翌日の5月8日深夜。病院の霊安室に横たわる息子の腕や顔にはたくさんの銃創があった。「恨みがあっても、けがくらいで勘弁してほしかった」。遺体を前に泣き崩れるしかなかった。

 山下さんがフィリピンに渡ったのは約15年前。フィリピン人タレントのプロモーター会社に勤め「片言じゃ商売にならない」と懸命にタガログ語を習得。やがて現地警察から通訳を頼まれるほどになり、トラブルシューターとして独立した。

 母親思いで、頻繁に国際電話も。友人の一人は「事件の3日前にマニラで酒を酌み交わした時も、『早く日本に帰っておふくろを安心させたい』と話していた」と振り返る。

 海外で日本人が殺人などの凶悪犯罪に巻き込まれた場合、日本警察が捜査に乗り出す刑法の国外犯規定がある。母親は「国がどこであっても、日本人であることに変わりはない。日本の警察に捜査してほしい」と訴える。

 外務省海外邦人安全課によると、昨年までの5年間にフィリピンで殺害された日本人は計27人に上る。このうち何件で犯人が検挙されたかという統計はないが、現地で取材する邦字新聞記者は「ほとんどが未解決」と指摘。「警察の捜査力の低さや人手不足、目撃情報重視の裁判制度などから、捜査は数日で終わってしまう。これを逆手に、殺人や詐欺の実行場所にフィリピンを選ぶ日本人も多い」と続けた。

 刑法の国外犯規定 殺人、誘拐、強制わいせつなどの凶悪犯罪に限り、日本の警察が海外の捜査機関に協力要請し、事件捜査できることを定めた規定。海外で日本人が事件に巻き込まれるケースが増加したのを背景に、2003年の刑法改正で盛り込まれた。イラクで同年発生した外交官殺害事件や、07年にフィリピンの捜査当局が日本人男性の死亡を自殺と判断した事件などで、警視庁が同規定を適用し捜査員を派遣した。静岡県警でも08年、アフガニスタンで伊藤和也さんが殺害された事件で誘拐・殺人事件捜査対策室を設置し捜査している。
中日新聞さんより




私は山下さんがしていた問題解決人、所謂仕事人の存在は知っていました。


私の弟が事件に巻き込まれたときに、何人かこの類の人間が接触してきました。


しかし彼らは私の素姓を知った途端、一切の連絡をしてこなくなったのです。


こいつ等何なんだろう。


疑問を持った私は、日本の裏のネットワークで調べてみました。


結果は、在比の喰い詰めたゴロツキ達でした。


山下さんがそんな人物だったかどうかは私は知りませんが、私のブログにコメントをくださった彼の友人や知人の方の話では、山下さんは優しくいい方だったそうです。




しかし、フィリピンにはゴロツキ在比邦人達がウヨウヨしてるのが事実です。


フィリピン関連のブログや、HPを運営してる連中にもそんな奴らが沢山いるんです。


やたらに「会いましょう」と接触してくる在比邦人。


ご注意を!




以前は私が知る裏の世界では、「高飛びはフィリピン」が常識でした。


実際私の知る何人かは、未だにフィリピンに潜伏しています。


でも今はフィリピンに高飛びしてくるのは素人の犯罪者。


その筋の人間はフィリピンになんか高飛びしません。


一応、裏の世界にもトレンドがありますからね。(笑)


今は高飛びは南米が流行ってます。




いずれにしてもここフィリピンは犯罪者には天国です。


なんせ大概の事はお金でかたが付く国ですから。



この仕事人と呼ばれる奴等、当然自らもトラブルを抱えています。


だから、他の仕事人により始末される。


言うなれば共食いです。


こんなことを繰り返しながら蠢いてるようですよ。





山下さんの事件。


犯人はよほどのことがなければ捕まらないでしょう。


フィリピンの警察に任せておいたら犯人なんか捕まる確率は10%もないでしょう。


ここは日本の優秀な警察の力が必要だと思います。



未だに解決されない何百件ものフィリピンでの邦人殺人事件。(私の弟の事件も含めて)


日本の警察が捜査をして、1件でも多く解決してほしいと願うのは私だけでしょうか・・。




私の弟を手にかけたやつら、そして頼み人(依頼者)。


お前らの目星はついてきたからな、もうすぐだぞ。


待ってろ。


スポンサーサイト



ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

2010年06月06日 トラックバック(0) コメント(12)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。