フィリピーナ妻からのEメール フィリピンサバイバー

フィリピンサバイバー
フィリピンサバイバー > スポンサー広告 > スポンサーサイト> フィリピンの日常 > フィリピーナ妻からのEメール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

フィリピーナ妻からのEメール

未だに暑い、フィリピン・マニラ・QC・サンタルシアの真夜中です。

現在も電気代に怯えながら、エアコン全開にしている私です。(汗)




昨日、つまらないことでとビデオチャット中に喧嘩になりました。


理由は次男坊のことです。


次男坊はここのところ、ジーナのところに行ったきりでした。


先週タンラックにジーナと行ってから、ずっとジーナの家に入り浸りです。


夜も家に帰らずにお泊まりしてたので、がやきもきし始めたのです。


どうも次男坊が家に帰ってこないのは、私が怖いからだと思ったようです。


ビデオチャット中に何度もしつこく、「アンマリコドモタチオコラナイデ」と言うので完全に切れた私です。


「そんなに言うなら、お前がフィリピンに帰ってきて面倒見ろよ!」(怒)


そう怒鳴り、Skypeをパタイしました。




それから何度か電話がありましたが私は出ません。


代わりに長男が出てと話していたようです。




私は正直情けないと思ったのです。


家事全般と育児、現在すべてをこなしている私に感謝の気持ちを言うどころか、育児に対しての文句を言ったからです。


言うは易し。


やってるほうは本当に大変なんです。




いつまでもバッテリーの切れない長男。


元気なのはいいですが、洗濯ものを山ほどこさえ家の中も滅茶苦茶にしてくれます。


そこに久々に帰宅した次男坊、ぐずったり泣いたり手に負えません。


そんな毎日の苦労、には伝わってないのかなと思いました。


なので余計な心配するなとの意味を込め、子供たちの写真メールで送りました。


0013
今日の昼ごはんの写真です。
が例の運び屋フィリピーナに持たせてくれたふりかけを歓んでいる長男です。


0014
これはから届いた、ウマのおもちゃで遊んでいる子供たちです。


写真から察してくれよ、そういう意味を込め送りました。






そして妻からこんなメールが届きました。


「BABOY NE JUSTIN.JOSHUA WA DOKO NETTERUNO.JUSTIN TO JOSHUA よろしくね.JOSHUA NO KOTO よろしくおにがいします!」


これは妻からのメールをコピペしたものです。


通訳しますとこうなります。


「ジャスティン(長男)は太ったね。ジョシュア(次男)は今日はどこに寝てるの?子供たちのことよろしくお願いします。」


私がなぜ怒ったのか少しは理解したようです。





私は妻が可哀想になり、子供たちの寝顔の写真をメールで送りました。

0011



すぐに妻からの返信です。

「ありがとう!KODMO FUTARI NIYASASHI ONEGAISHIMASU...JOSHUA GA SHINPAIDESU
NAKUSHITARA」

通訳します。

「ありがとう!二人の子供たちに優しくしてあげてください。お願いします。ジョシュアがさっき泣いてたから心配だったんです。」





私は妻の気持ちが痛いほどわかります。


離れて暮らしてるだけに、心配しすぎているのもわかります。


私の大人げない態度、妻には悪いことをしたと反省してます。


最近、疲れ気味なので心に余裕がありません。


フィリピンに来てもうすぐ半年になりますが、未だに生活が安定しないのも事実なんです。


毎日、一日一日をできることをやって過ごしていくのが精一杯です。





フィリピンという国で、自分の力だけで子供たちを育てていかなければいけない大変さ、ここに来て疲れを感じています。


それでも明日はやってきます。


だから私は戦うことをやめるわけにはいかないんです。


戦いをやめる=子供たちを見捨てる。


今の私にはできません。





言いかえれば、これはすべて愛する妻のためなんです・・。







生は永久の闘いである。 自然との闘い、社会との闘い、他との闘い、永久に解決のない闘いである。 闘え。闘いは生の花である。 大杉栄





ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

2010年03月26日 トラックバック(0) コメント(8)

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年03月26日 編集

おはようございます。
そうですか・・。
わかりました。

やはり女性の気持ちは女性にしか、母親の気持ちは母親にしかわからないんですよね。
でも私は精一杯の愛情で子供たちに向っています。
厳しい父親かもしれませんが、愛情はだれにも負けないつもりです。

子供たちも以前よりかなり人間らしくなったと自負しています。

2010年03月26日 isao7 URL 編集

おはようございます。
ゆうべは余計な仕事が入り、失礼しました。
これも心置きなく渡比をするため、仕方ありませんね。

まったく、我々の年代は、というより、我々はやはりサイクルが似ているんでしょうか(汗)。
やはりゆうべはisaoさんもとてもお疲れのご様子、
内心いささか心配になりました。

少し前は僕がいろいろなバタバタで、isaoさんにいろいろな面で闘う力を頂きました。

しかし、僕の疲れなどisaoさんの日々の闘いに比べれば天と地の差がありますので、比べるべくもありませんが、僕に出来る事は何とかお手伝いしたいと思っております。

日本で闘うのとフィリピンで闘うのでは、最初からハンデを背負っているのと同じです。
基本的にアウェーですし、子供たちの面倒だけではなく、外敵からも家を守っていく、そんなとてつもない苦労を誰がこなせるんでしょうか?否、たぶん僕なんか絶対出来ません。

isaoさん、どうかご遠慮なさらずに、心のご負担だけでも僕にぶつけて下さい。
頼りないお気楽野郎ですが、精一杯のお手伝いはしたいと常に思っています。

お会いするのを非常に楽しみにしております。

2010年03月26日 リッキー坪井 URL 編集

おはようございます。
リッキーさん言葉に涙してます。
弱くなったもんですね・・。
やはり年なんですね。

でも私は倒れるまで、倒れても前のめりに倒れたいと思ってます。
戦友として、親友として見守ってやってくださいね。

とにかくお会いする日が楽しみで仕方ありません。
むしろリッキーさんが帰ってしまったあとの寂しさのほうが辛いんでしょうがね・・。

2010年03月26日 isao7 URL 編集

こんにちわ。   そちらの状況やisaoさんの奮闘ぶり、奥様も理解できたと思います。

子供達のおどけた仕草や安らかな寝顔を見れば言葉はいりません。   本当に父親を恐れたり怖がっていたら、あんな笑顔はできません。

家のLともよく衝突しますが半分は子供の事です。  一緒に生活してても此れですから離れていればなおさらです。
解っていてもついマクレットに成るのかも知れませんね。
奥様も淋しいのでしょう。

さぁ〰〰〰今日も元気でいきましょう! !

2010年03月26日 hayate URL 編集

こんにちは。
母性は私には理解できませんからね。

これからも子供を巡っての争いは尽きないと思います。
お互い子供のことを思ってのことですからしょうがないんでしょうね・・。

2010年03月26日 isao7 URL 編集

実は、この最初の部分のみ閲覧(数秒)出来た後に表示されないってなってしまったので、気になっていたの。

そうだよね、離れているから余計に心配になるのもわかるし、奥さまも悲しいことがあったり落ち込んでいたりすることもあるだろうし、そうしたら気持ちに余裕なくなったりする。それは兄さんも頑張っていることはわかっているし、周りの理解不能な人たちにイライラさせられるのもわかるんですよね・・・。

お互い同じ目標だから喧嘩をしたって、頑張れるね。兄さん、かっこいいよ。

2010年04月02日 凛 URL 編集

>凛さんへ
ありがとう。
こうして頑張っていられるのも、凛さんや励ましてくれる人たちのおかげなんです。

フィリピン式のどうでもいい教育、暮らしぶりならストレスもないのでしょうが、そこは古いタイプの日本人の私、こちらの”朱”に交わることができないんですよねぇ。

2010年04月02日 isao7 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。