フィリピーナのFacebook(2) フィリピンサバイバー

フィリピンサバイバー
フィリピンサバイバー > スポンサー広告 > スポンサーサイト> フィリピンの日常 > フィリピーナのFacebook(2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

フィリピーナのFacebook(2)


神の不在の午後。


フィリピン・マニラ・QC・サンタルシアはとっても暑いです。


現在34℃。(汗)


さっきまでエアコンを全開にしてましたが、今パタイしました。


あとは夜寝る時間まで我慢するつもりです。






昨日に続きFacebookに触れてみたいと思います。


フィリピーナFacebookをしているのには、原因、目的がはっきりしてるようです。


これはフィリピーナと日本人のやり取りだけではありません。


日本人と違って、英語ができる人が多いフィリピン人。


よって英語が通じればFacebookでどんな国の人とでも交流を重ねているのがフィリピーナです。



Filipino Teresa Downing-Matibagによると、フィリピーナは日本や西洋の男性に外見をアピールしたり、憧れを満たそうとする演技をするようです。


インターネットのFacebookやマッチングサービスは、これらの発展に大きな役割を果たしています。


検索エンジンを使って「Filipina」という単語を入力し、フィリピーナを探す何百もの男性がいるのが現実なのです。


そこで無料で会員登録ができ、会員数が多いFacebookが爆発的に流行したのでしょう。




フィリピンのインターネットブライドは、自国の家族に経済支援をする出稼ぎ労働者に例えられています。


マイグレイション政策研究所は、OFWからの送金で暮らす世帯がフィリピン全世帯の25%になる、と発表しています。


OFWとはOversea Filipino Workerの略。


翻訳すると海外出稼ぎフィリピン人労働者です。




日本や先進国の男性たちは、より経済的に依存しそして性的に従順で家庭的な妻を望むようです。


なので出会い系サイトや結婚仲介サイトにいる多くのフィリピン女性はそのように描写されているのです。


フィリピーナたちは貧困から抜け出たいがために、年齢のバランスよりは経済的に安定した相手との結婚を強く望んでいるのが現状です。


Citing Gabriela Networkによると、1997年にフィリピンから移住した約370,000人の多くは、メール・オーダー・ブライドだと言われています。


米国移民帰化局提供のDr. Robert Scholesによる研究では、調査した1400人の女性の70%以上がメール・オーダー・ブライドで渡米したフィリピン人女性だったと報告しています。


そしてガブリエラ・ネットワーク(Gabriela Network)の予測では、年に5000人以上のフィリピーナがインターネットの結婚仲介サービスを利用し一人で渡米していると言うのです。




この現状に一役買っているのがFacebookの存在です。


フィリピーナが手っ取り早く経済的に支援してくれる相手を探すツール、これがFacebookなのです。


一方、男性側にとってはただのナンパツールなのかも知れません。


この危ういネット上の交際。


そしてインターネットブライド。


スタートはFacebookから。


すべてが危険な行為だとは言いませんが、理性をきちんと働かせねばこの上なく危険が待っているのも事実です。


それは相手を探すフィリピーナにとっても、そしてあなたにとってもです・・。





今回は私に相談をされている複数の日本の方に宛てました。


Facebookでのやり取りだけでは危険です。


フィリピンに来て、相手のフィリピーナをよく観察することをお勧めします。







愛とは、この女が他の女とは違うという幻想である。
H・L・メンケン







ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

2010年04月02日 トラックバック(0) コメント(4)

う~ん。つまり金になれば人柄などどうでも良いように思えてしまいますね、フィリピンではもっとエゲツないSNS(ソーシャルネットワークサービス)が流行しています、taggedやfriendstarあたりがそれですが、ば旦那が有りながら恋人を求める女性がウヨウヨしていますものね… 知らぬは日本人の亭主だけでしょうか?

2010年04月02日 zf3340 URL 編集

>zf3340さんへ
こんばんは。
お久しぶりのコメントありがとうございます。(笑)

確かにSMSも問題ですよね。
ネットより圧倒的に普及してますもんねぇ。

でもフィリピーナはちょっと自由過ぎますよね。
クリスチャンならもっと貞操観念をしっかり持って欲しいものです・・。(汗)

2010年04月02日 isao7 URL 編集

私の知り合いのアメリカ人は兄弟ともフィリピンの方と結婚しました。出会いはマッチ・コムだそうです。結婚する前に会った日にちは彼がフィリピンに行った一か月。お互い満足なら出会い方はそれぞれですが、そこから上手くいくようにできるかどうかは、良識と努力ですね・・・

出会い方はそれぞれあっていいですが、お互い恋というフィルターがかかていますもの。両目を開けて、そして結婚したら片目で、昔の人はよく言ったものですねぇ。

2010年04月03日 凛 URL 編集

>凛さんへ
私も出会い方にはそれぞれ会っていいと思ってます。
ただ、ネットの世界の危うさ、これを頭に置いて欲しいと思ってます。
書き込みだけでその人を判断することはとっても難しいと思うんですよねぇ・・。

ところで妹はどこであんな素敵な彼と知り合ったの?(笑)

2010年04月03日 isao7 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。