フィリピン、金星が見えた夜 フィリピンサバイバー

フィリピンサバイバー
フィリピンサバイバー > スポンサー広告 > スポンサーサイト> フィリピンの日常 > フィリピン、金星が見えた夜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

フィリピン、金星が見えた夜

昨日、エバーというショッピングモールに円をチェンジに行きました。

30869234.jpg

円=ペソの交換レートは10,000円=4,780ペソでした。


なかなか円が上がりません。


と言うかペソが高すぎますよね。


フィリピンは海外出稼ぎ労働者からの送金に頼る国なので、ペソ高が続くと色々弊害が出るはずですがねぇ。





のんびり買い物をして、帰りの車の中から見た空は、不思議な光景になってました。

buwan.jpg

三日月の上にポツンと見えるもの、これは金星でした。


こんな光景は初めて見たので不思議な感じでした。





その帰りにアーニー&ジーナ夫と、夕食がてらファービューのスターバックスにアイスコーヒーを飲みに行きました。


久しぶりのスターバックス。


やはりここはいいですね。




アイスコーヒーを飲みながら、アーニー夫婦と世間話。


機を見てカティーの件を切り出しました。


「ジーナすまない。やっぱりうちはメイドはいらないよ。」


ジーナは私の気持ちを汲んでくれたようです。


なので今日の午後にでもカティーに話すそうです。


でもジーナが言ってました。


カティーは10月の結婚に向けてお金が必要だそうです。


だから私の所で仕事したいのだと。


カティーの給料は3,000ペソしか払えない。


そう言ったのですが、カティーはどう出てくるでしょうか・・。


できれば、「辞めさせてください」と言ってくれればありがたいのですがねぇ。




でも私の現状はどうなるかわかりません。


もしと入れ替わりになるのなら、カティーがいたほうがいいのかもしれませんがね。





一方、バカフィリピーナは、未だ私に謝罪しません。


多分このまま済し崩しに、なかったことにしてしまおうなんて考えてるんでしょう。


フィリピン人らしいやり方ですね。


でも私はそんな策略には嵌りませんよ。


水曜の子どもたちのエンロールメントが終われば、私の役目は一段落します。


それまでにの謝罪がなければ、日本への帰国となるわけです。


は私のそんな覚悟をまったくわかっていないのでしょう。


能天気なフィリピン人に思い知らせるには、強い態度で臨まなければいけませんからね。




ただ問題は、情の移ってしまった子どもたち。


私はこの子たちを見捨てることができるでしょうか・・。


正直、への愛情はほとんどなくなってます。


今はフィリピーナが大嫌いですから。




長男は私の心の動きを感じてるようです。


さっき寝る前に一言私に言いました。


「パパ、僕を置いて日本に帰らないでね。」


辛いことを言ってくれます。


せっかく決断しかけてる私の意志。


この一言で、振りだしです・・。






ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

2010年05月17日 トラックバック(0) コメント(4)

こんなになついているのは、兄さんのしてきたことが正しいとわかっているから。そして、兄さんの事が子供も好きなんだよね。

カティにしても、自分の結婚式があるからお金が必要ならそれなりにきちんとすればいい・・・権利ばかり主張する人嫌いだわぁ。

昨日、仕事が終わって西の空にこんな月を見ました。携帯で撮ったら満月のようになってしまった・・・

これはいいことがある兆候に違いない。綺麗だったね。

2010年05月17日 凛 URL 編集

>凛さんへ
問題は違っても、お互いに戦ってるんだよね・・。
兄妹、頑張って解決していこうね。

2010年05月17日 isao7 URL 編集

おはようございます。
つい先ほど復帰しました(汗)

いや~、せつないっす。これは。
僕もジャスティンのことを知っているだけに、余計にせつないっす(涙)。
ぶんなぐられてもぶんなぐられても、やっぱりパパのことが大好きなんですね、それはやっぱり「愛のムチ」だということがわかってるからでしょう。あいつはあいつなりに。

isaoさんの気持ち、察するに余りあります。
唯事ではない、心の動揺も。
それを知っている僕も辛いっす。
顛末を知っているだけに、余計です。
でも、僕を始めここにコメントを寄せてくれているやさしい人たちにも、この事に関しては何も手助けする事が出来ません。だから余計に辛いっすよ。
外野が無責任に入り込んでがたがた言う事が出来ない問題ですから。

でもisaoさん、出来る事ならお手伝いしますから言ってください。それしか言う事が出来ません。情けないですが(泣)。
日本に、フィリピン国内に、まんじりともせずisao家を見守っている人たちがたくさんおります。
どちらに転ぶにしても、ご自身の判断は正しかったとお思いください。それは間違いありません。見守ってくれている全員が全員、そう思ってくれる事を祈っています。

月と星が笑っているみたいですね。
きっとあったかく見守ってくれているんでしょう、isaoさんを、こどもたちを。

2010年05月17日 リッキー坪井 URL 編集

>リッキーさんへ
先ほどはありがとうございました。
私の気持ちはお話しした通りです。

でも一つだけ、たった一つだけバカ妻とここフィリピンに感謝しなければいけないことがあります。
それはフィリピン絡みでリッキーさんと友達になれたことです。
これだけは”おかげでありがとう”なんて言えるたった一つの事柄です。

私はリッキーさんの温かさに触れる度に、自分の小ささを実感してしまうのも事実ですがね。(笑)

2010年05月17日 isao7 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。