フィリピン公務員のサイドライン(副業?) フィリピンサバイバー

フィリピンサバイバー
フィリピンサバイバー > スポンサー広告 > スポンサーサイト> フィリピンの日常 > フィリピン公務員のサイドライン(副業?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

フィリピン公務員のサイドライン(副業?)

今日も快晴のフィリピン・マニラ・QC・サンタルシアです。


最近ずっと寝不足気味。


暑さがちょっと応えるサバイバーです。(汗)


現在は32℃。


今日も小雨が降るような予報はありますが、多分外れるでしょう。(笑)



さっき私の好きな毎日新聞の現地記者、矢野純一さんの記事がアップされてました。


From:フィリピン 腐敗根絶、高まる期待

「国が変わるような気がする」。10日に行われたフィリピン大統領選で、汚職の一掃を最優先課題に掲げたアキノ上院議員が、圧倒的な支持を得て当選を決めた。アキノ氏の行政手腕が未知数だとして対立候補に投票した知人が、こう話すほど、国内では期待が高い。

 海外でも、極めて好意的に受け取られている。アキノ氏のもとには、各国のマニラ駐在大使から、面会の申し込みが殺到している。そんな中、米国大使が21日、いち早くアキノ氏の私邸を訪ね「新政権に期待している」と伝えた。

 国民の期待の背景には、2代続けて、大統領に裏切られた苦い経験がある。映画スターで貧困層のヒーローだったエストラダ前大統領は、不正蓄財に手を染めた。怒った国民は01年、大統領府に押しかけ、辞任に追い込み、当時副大統領で経済学者のアロヨ氏の大統領就任を後押しした。

 しかし、再び国民は裏切られる。9年間の長期政権の間、アロヨ氏を巡る汚職疑惑は絶えず、世論調査で史上最低の支持率を記録し続けた。

 この間、汚職の実態は、国家予算の3割が消えるといわれるほど深刻化した。国際機関が、汚職が国の発展を阻害していると警鐘をならすほどだ。政治家や官僚に日本円にして億単位の金を要求されたという話を、外国人ビジネスマンから聞いたことがある。別のビジネスマンは「役人や政治家が金に群がり、新たな投資ができない」と嘆いていた。

 腐敗は末端の公務員まで広がった。私自身、郵便局で日本から届いた荷物を受け取れないことが度々あった。指をすり合わせる職員のそぶりから、金を要求しているのは明らかだった。横では、裏金を支払う余裕のない女性が、荷物の中から時計を渡していた。「これがフィリピンなの」。手ぶらで帰る私と目が合った女性は力なく笑った。

 アキノ氏は汚職撲滅による相乗効果で、国家を立て直すと、力説する。予算を適正に使い、増税せずに00年以降、最悪を記録する財政赤字を削減する。利権の構図を崩し、海外投資を呼び込む。それとともに雇用の機会が増えるので貧困層が減る。そして、海外に働きに出ていた優秀な人々が帰国し、国の根幹を支える……。

 ちょうど、タイの政治が混乱し、外資系企業が大きな損害を受けている。こうした企業の中には根本的な問題解決に時間がかかりそうなタイから、近隣の国に一部機能を移転させる動きがあると聞く。その候補国のひとつに、フィリピンも挙がっているという。

 東南アジア諸国連合(ASEAN)の劣等生ともいわれた国が、ビッグチャンスをつかもうとしている。次期大統領には、裏切られ続けてきた経験からなお疑心暗鬼に陥ったままでいる国民の期待に応えることを望みたい。
【矢野純一】
毎日新聞さんより




アキノ次期大統領に期待する国民の声。


私もここでは外国人ですが、フィリピン国民と同じことを願ってます。


ここフィリピンでは当たり前のことが当り前にできない。


そんなことが日常茶飯事です。


矢野さんの記事にあるよう、本当に末端の公務員たちの汚職が目に余るんです。




ランチタイムが近くなると、突然仕事をまじめにしだす警察官。


理由は昼飯代を稼ぐためです。


現在私はこちらでの運転免許証を持ってません。


だから直接私が警察官に関わることはありません。


でも私がアーニーの車に同乗中、警察官に車を止められることがたまにあります。


それもいつもパサイ市街を走行中の時ばかりです。


なので私とアーニーはパサイに近づくとシートベルトを締めます。


そしてアーニーは安全運転で走ります。


それでも警察官ははアーニーの車を止め、「違反だ。免許証、許可証(車検証のようなもの)を見せろ!」


アーニーは「何の違反ですか?」といつも聞きます。


返事はどの警察官も同じ、日本で言う安全運転義務違反だそうです。


で、これからが警察官たちのサイドライン(副業?)の始まりです。


大体手口は同じです。


マニュアルでもあるんでしょうか?(笑)


「罰金を払えるか?」


警察官は聞いてきます。


「可哀そうだから、見逃してやってもいいんだよ。」


同情する素振りで言ってきます。


「それじゃ、向こうにいる上司に相談するから車を向こうに移動しろ。」


警察官Aは少し人気のないところに車を誘導します。


誘導された場所にはもう一人の警察官Bが待っています。


AとBは何やら相談を始めます。


そしてAが近づいてきてこう言います。


「罰金を払うなら、免許証と許可証を預かるからパサイ警察署に出頭しろ。それが嫌なら、500ペソ(日本円で約1,000円)払うなら見逃してもいいと上司が言ってる。」


上司と言われるBを見ると私に愛想笑いをしています。


私はアーニーに500ペソを渡し、やり過ごそうと合図を送ります。


Aに500ペソを渡すと、AはBの所へ行きまた相談してます。


Aはアーニーの免許証と許可証を持ち、笑顔で近づいてきます。


「OKだ。このことは忘れろ。」


ランチ代を稼いだ警察官たちは、アーニーと私の乗る車に「早く行け!」の合図。


これで警察官たちは美味しい昼飯にありつけるわけです。




こんなことを私は10回近く経験してます。


交通違反の罰金は1,000ペソから4,000ペソと違反の回数により違うようです。


だから警察官に500ペソの賄賂でなかったことに。


誰でも考えるでしょ。




フィリピンではこんなことは珍しい話じゃありません。


市役所や入管、そしてNSO(国家統計局、出生証明書等を交付する機関)、これらの場所はいつも人だかりです。


でも、そんな場所には必ずお金を受け取り便宜を図る警察官や職員がいます。


相場はその相手により様々ですが、大体500ペソから1,000ペソを要求されます。


待つのが嫌な日本人やエイリアン、小金を持ったフィリピン人。


彼らの恰好の獲物です。


まあ、これも需要と供給のバランスの上に成り立つサイドラインです。




それ以外に有名なのは、NAIA(ニノイ・アキノ国際空港)の職員や税関職員のサイドラインです。


空港内で、「モンダイアル?」なんて近づいてくる輩です。


チックインの便宜、税関申請の便宜をサイドラインで稼いでます。


ここでの相場は1,000円ですけどね。




だからフィリピンはお金を持って暮らすには良い国でしょう。


強盗に狙われる危険さえなければですけどね。(汗)




ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

2010年05月24日 トラックバック(0) コメント(6)

私も空港で職員にかなりたかられましたが、笑顔満開で”No Money "と連呼して逃げ切っています。日本でも民主党に期待して投票したものの、残念な有様です。アキノ氏がどこまで命を張れるか、期待したいですね。

2010年05月24日 タイガー URL 編集

>タイガーさんへ
アキノさん、どうなんでしょうね・・。
正直私は期待してません。

2010年05月24日 isao7 URL 編集

もう いっそのこと
公務員チップ制を導入しては?w

2010年05月24日 meseyan URL 編集

私もアキノ氏は・・う~ん、どうでしょう?。殺されてヒーローになった父の政治能力は不明。母親は、弔い選挙に勝利はしたが、ピナツボの噴火をきっかけに借地料を大幅値上げを決めて、実質的に米軍を追い出してしまった。最大の愚策・・。

これがのちに、アロヨの選挙前の票集めに、人質にとられたメイドの命と引き換えに、米の強い要請にも変わらず、軍のアフガンからの撤退を決めた事によって、日本へのタレントを規制させた結果になってしまっているんですよね。

また、良家のボンボン政治家が大統領になったところで、庶民の苦しみはわからないでしょう。金も権力もない、本当の政策のみで広く国民に指示を受けた政治家(大統領)が出ない限りダメな感じがしますね~。

2010年05月24日 じゃがいもキウイ URL 編集

>meseyanさん
この国の腐りきった公務員たちは、何をしても変わらないと思います。
なんせチェック機関がありませんからね・・。

2010年05月24日 isao7 URL 編集

>じゃがいもキウイさんへ
この国は誰が大統領になっても同じ気がします。
勤勉でない、言いかえれば不真面目な国民性。
人のために尽力をする、なんてことはDNAに刻み込まれてないんだと思います。

2010年05月24日 isao7 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。