フィリピン、真夜中の決闘 フィリピンサバイバー

フィリピンサバイバー
フィリピンサバイバー > スポンサー広告 > スポンサーサイト> フィリピンの日常 > フィリピン、真夜中の決闘

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

フィリピン、真夜中の決闘

今日は快晴のフィリピン・マニラ・QC・サンタルシアです。


昨日遅くまで雨が降ったりやんだりしてたので、幾分涼しいですよ。


で、気温は30℃です。


最高気温予報は33℃。


午後から傘マークになってます。


今日もスコールあるんでしょうかね。





さて、昨晩遅くリッキーさんとSkypeチャットを終え、サア寝ようかとしていた時のことです。


ふと外を見ると、1軒隣のカルボ(坊主頭)が前のアパートから出てきました。


すると、太った体を揺さぶりながら突進してくる人影。


カルボの女房です。(汗)


するとこの女房、カルボに傘でメッタ打ち攻撃。


少なくとも20発はヒットしましたね。


傘はズタボロになりましたが、女房の1本勝ちと言うところです。(笑)




深夜の1時。


この夫婦、家に帰っても大立ち回りを繰り広げてました。


ドスン。


バタン。


ギャオ~・・。




この騒ぎ1時間以上続いていました。


きっと、ま隣のアーニー夫婦。


ビックリしてトビ起きたでしょうね。(爆)




この夫婦の夫婦喧嘩、この界隈では有名なイベントです。


時も場所も選ばずやってくれますから。


ただねぇ。


うちの前ではカンベンしてくれよなぁ・・。




この旦那カルボはフィリピンマフィア?だそうです。


で、日本のやくざのシステムでは、若頭と言ったところでしょうか。


カルボのボスは、ケソン市長のボディーガードだそうです。


ボスの家はサンタルシアのパレンケの近くにあると言ってました。


この集落にはカルボの舎弟分が5,6人います。


我が家の前のアパートに住む奴ら、みんなカルボの子分たちです。




カルボはこんな奴ですから、当然生意気です。


でも生意気さでは私は負けませんからね。




先日こんなことがありました。


私がアーニーの家に向かう途中、カルボと道路上で対峙しました。


カルボもトッポイフィリピン人、私もさらにトッポイ日本人。


当然、どちらも道を譲りません。


ここは私も昔取った杵柄です。


つま先から、頭のてっぺんまでガンを飛ばします。


カルボも負けじとガンを飛ばしてきます。


私はそれなりの覚悟をして1歩前へ。


と、カルボはへりくだった笑顔でフィリピン人特有の顎をしゃくり上げる挨拶をしてきました。


カルボは道を譲り、私の勝ち。(笑)




賢明で、頭のいい日本人ならこんな行動はしないのでしょうが、私はホントバカですから。(汗)


中学生時代から鍛えた腕に自身もありますからね。


血が騒いじゃうんです。


特にフィリピン人にはね。



そんなことがあってから、カルボは私を見ると挨拶をしてきます。


私も軽く挨拶は返しますが、会話はしません。





ついさっき、カルボは紙袋を2つ下げて一時避難をしました。


何が理由の夫婦喧嘩かは知りませんが、今日この界隈は昨夜のカルボ夫婦喧嘩のチスミス(噂)で持ちきりでしょう。


背中を丸めて両手に紙袋のカルボ。


ちょっと可哀そうな気もしたサバイバーです。





と、思っていたら、カルボの子分のボベット(うちの前のアパートの住民で元バンドマン)、昼間から酔っぱらって我が家のサスケをかまってます。


「オカネデショ、オカネ。」


ドタマ、かち割るぞコラァ~!





で、今日の教訓。


フィリピーナが怒ったら、逃げるが勝ち。(カルボ談)



092009-sarah.jpg
サラちゃんも、怒れば怖いフィリピーナ




文中の暴力的な表現、ご容赦を・・。





ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

2010年06月01日 トラックバック(0) コメント(4)

はい。私もそう思います。

2010年06月01日 mamaya URL 編集

おつかれさまです。昨日も遅くまで失礼しました。

うはは、しっかし弱っちいフィリピンマフィアっすね~(笑)
それだけ女房が恐ろしいってことですか。
僕やisaoさんみたいに、一旦怒ると男も女も関係なくなる人種にとっては「恐い」という事自体がよくわかりませんけどね。
恐いと思ってりゃ×2つもつきませんやね。

女、特にフィリピーナは激情型なのはわかりますが、よっぽど訳の分からない事をやったんですかね(笑)

うるさいのは困りますが、どんどんやらせて共倒れにして、どんどんいなくなってくれた方がいいんじゃないですか(笑)

僕は彼女は絶対に太らせません(きっぱり)
だって、好みじゃなくなっちまいますから。
しかも自分がでぶですから、でぶは嫌いです(笑)

そのうちisaoさん宅の前で血の雨が降りそうな気がしますが、気のせいでしょうか(笑)

2010年06月01日 リッキー坪井 URL 編集

ですか?
私はまったく怖くありません。(笑)

2010年06月01日 isao7 URL 編集

>リッキーさんへ
こちらこそありがとうございました。
そうですね。
みんな共倒れになればいいんです。
始末するとき、無駄な労力が省けますから、これこそエコ。(笑)

フィリピーナはデブになりますよ~。
特に日本人と関わってるフィリピーナはね。
ご愁傷様です。チ~ン・・。

2010年06月01日 isao7 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。