フィリピン、戦い続けます。 フィリピンサバイバー

フィリピンサバイバー
フィリピンサバイバー > スポンサー広告 > スポンサーサイト> フィリピンの日常 > フィリピン、戦い続けます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

フィリピン、戦い続けます。

さっきまで土砂降りだった、フィリピン・マニラ・QC・サンタルシアです。


久々の表記事の更新になりました。
モンキービジネスもスタートして1週間です。


やはり厳しい戦いが続いてます。
フィリピンでのお金儲けは難しいですねぇ。
まあ、赤字にはなってませんから良しとしてます。





こんな最中、とんでもない事件が起きてしまいました。



実は次男坊が私から引き離されました。
理由はDVの疑いからです。
でも私は天地神明に誓ってDVなどしてません。



次男坊は水曜の夜に長男と大喧嘩をし、頭にコブを2か所。
顔に引っかき傷。
首に青あざを作りました。



それを見た幼稚園の先生がDVだと判断したようです。
確かに子供たちの監督の部分では不十分だったことは認めます。
しかし、身に覚えのないことで罪に問われるのは納得できません。



で、この問題を事件とした首謀者を突きとめたところ、あのキチガイ祖母が浮かび上がったのです。
店のオープンの日に姿を現したキチガイ祖母。
近所をうろつかないようにとから釘を刺させました。



すると水曜日に次男坊の幼稚園に出没したんです。
そして次男坊のケガを私のせいだと先生に訴えたのです。
それを受けた先生はフィリピンの児童福祉局のようなところに届を出したのです。



このフィリピンという国は、子供のDVに関してはうるさい国です。
すぐにバランガイが私のもとへやってきました。



来たのは私の顔見知りのバランガイキャプテンです。
なので私は事情を全部話しました。



あのキチガイ祖母の過去の悪行と私がなぜフィリピンに単身乗り込み、子供たちの面倒を見ていたか。




ご存知の読者さんは何人かいますが、私がフィリピンに来ることになった経緯をお話します。


昨年の9月の終わりまで子供たちはの母親、弟、姪とともに暮らしてました。


しかし、長男が私にこう言いました。
「パパ、ぼく学校に持っていくお弁当がないんだよ。」


この言葉に私はショックを受けました。
毎月10万円。
フィリピンで5人家族が暮らして行くには十分のお金を毎月送金してました。



それが子供たちが食べるのにも困る状況になっていたのです。
理由は、キチガイ祖母のギャンブル。
そして義弟、姪の遊興費に消えていたんです。
それに義妹夫婦まで送金していたお金を詐取してました。


私は泣きながらに頼まれました。
「フィリピンに行って、私の子供たちを助けて!」


あっと、書き忘れてましたが、子供たちは二人ともの連れ子です。
私の実の子ではありません。





私が去年の9月27日に来比した時には日本円で、12万円ほどの借金をこの泥棒家族が作ってたんです。
そんなことを知らずに私とは子供たちのためにと、お金を送金していたんです。



なので私がこちらに来てすぐにこの泥棒家族を追い出しました。
それから8ヶ月間、子供たちと私の生活が始まったんです。


しかしこの泥棒家族。
私がビジネスを始めた途端、動き出しました。


全てはお金のためです。
キチガイ祖母、義妹夫婦。
私から全て奪おうと企んでるようです。



それで一昨日の事件が起きました。
でもバランガイキャプテンの協力で、逮捕は免れました。



しかし、彼に言われました。
「ここはフィリピンです。あなたがいくら正しくても、あなたが不利なことは間違いありません。十分気を付けてください。下のお子さんは、暫くあちらに渡しておくしかありません。」


こんな不条理で悔しい思いは初めてです。
そこに来ても、次男はキチガイ祖母に渡すように言うんです。


一体私は何のためにフィリピンに来たんでしょうか?
全ては妻のためだったはずです・・。





正直、あのファミリーを抹殺したい気持ちでいっぱいです。


一昨日、親友のリッキーさんに思いとどまるように説得されました。




怒りで滅茶苦茶な文になってることをお許しください。



この事件の流れ。
皆さんで見守っていてください。




四面楚歌。
完全アウェー。
どこまでやれるかわかりませんが。



私は戦い続けます。
今は長男と次男を守るために・・。




ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

2010年07月31日 トラックバック(0) コメント(12)

環境を変えないと難しい。戦い方を変えないと。
まずは安いコンドにでも引っ越して親戚との接触を完全に断つ。
マカティとかでも古いコンドならワンルームで1万ペソくらいからある。
こういう言い方は良くないが、貧乏な連中と付き合っても外国人はトラブルに巻き込まれるだけだけ。
バランガイキャプテンの言うようにトラブルになると外国人は圧倒的に不利になる。
したがって予防策が一番重要となる。

2010年07月31日 JR URL 編集

ここはフィリピンで非常に厳しい状況はわかっていますが、負けないで下さい。何かいい方法が絶対にあるはずです。所詮、フィリピン人相手ですから。。。頑張って下さい。

2010年07月31日 mamaya URL 編集

どれほどの怒りをお持ちか想像を絶します。
正直、奥様にも疑問を感じてしまいます。

なぜなのでしょうか…。

同士である日本人がきつい思いをされているのを目にしますと、
心がえぐられるようです。応援することぐらいしか出来ません。

お体だけは大事にしてください。

2010年07月31日 タイガー URL 編集

私も他人に対して短気な部分があるのでそういう時は徳川家康の人生訓のひとつ「怒りは敵と思え」をいつも思い起こすようにします。怒りに任せて事を起こしてもいい事は絶対にないと頭では分かるんですが感情は御しがたいですね。。
そんな心無い人達には負けないでくださいね、いつも応援してますから!

2010年08月01日 atomutomu URL 編集

>JRさんへ
私は尻尾を巻いて逃げるつもりはありません。

2010年08月01日 isao7 URL 編集

>mamayaさんへ
ありがとうございます。
最後には道ずれでもいいから、思い知らせます。
頑張ります。

2010年08月01日 isao7 URL 編集

>タイガーさんへ
ありがとうございます。

妻も所詮、バカなフィリピーナなんですよ。
私はこの戦いを勝利するまでやめるつもりはありません。
刺し違えてもです。

2010年08月01日 isao7 URL 編集

>atomutomuさんへ
ありがとうございます。

正義は勝つ。
これだけを信じて戦うしかありません。

2010年08月01日 isao7 URL 編集

こんな事件が起こる事はまったく考えてもいませんでした。
isaoさんの想いを読み、自分の事のように目頭が熱くなり、悔しさが込み上げてきます。
逃げた息子の嫁が孫を連れ去った事を思い出しました。
その時は、孫がパパが良い、パパと一緒にいたいと連れ戻す事が出来ましたが、今回のでっち上げのDV事件、役所の者は子供から事情を聞いたのでしょうかね?
今まで大切に見守ってきた息子さんです、必ず手元に取戻して下さい。

2010年08月01日 こういち URL 編集

>こういちさんへ
ありがとうございます。
なんらかの動きがあるだろうことは予想してました。
でもここまでやるとはねぇ。

このつけは絶対に払わせます。



2010年08月01日 isao7 URL 編集

状況証拠などは完全に不利のようですね。味方となる長男の証言も幼すぎてダメでしょうし・・。

ここは冷静に先を見通して対処するしかないですね。自分は一番苦手な部分なので自信は無いですが、イサオさんは外国人扱いでしかも失敗が許されない立場です。

子供達の為にも、くれぐれも慎重な行動をとってください。愚痴はこの場でお願いします^^

2010年08月01日 じゃがいもキウイ URL 編集

>じゃがいもキウイさんへ
今は自分の気持ちを抑えるのが精一杯です。
でも自分が泣きを見るような真似はしません。

2010年08月02日 isao7 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。