フィリピーナメイドさま、お一人退職なされます フィリピンサバイバー

フィリピンサバイバー
フィリピンサバイバー > スポンサー広告 > スポンサーサイト> フィリピンの日常 > フィリピーナメイドさま、お一人退職なされます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

フィリピーナメイドさま、お一人退職なされます


今日もとっても快晴なフィリピン・マニラ・QC・サンタルシアです。



朝から間違い電話で起こされました。



とっても気分が悪いです。



別に間違い電話を咎めませんが、何故にフィリピン人はこうもマナーが悪いのでしょうか。



「ハロー、シノト?」(あなたは誰ですか?)



聴きなれない中年女性の声です。



「あなたは何番におかけですか?」



丁寧に話した私です。



「・・・・・・。」



答えないので電話を切りました。



するとすぐにまたかかってきました。



「マークをだしてください。」



さっきの女性です。



「間違い電話だ、バカヤロー!。」



電話を切りました。



何故に間違い電話をかけてるのに謝らないのでしょうか?



フィリピンに来て、何度も間違い電話を受けたことがありますが、キチンと謝られたのは一度くらいです。



本当にフィリピン人はマナーが悪い。







と朝の出来事の報告でした。



さて昨日のフィリピーナメイドさまたちの給料日の話の続編です。



夕方日本の女王様とskype会議をしました。



フィリピーナメイド、ララ様への給料の支払いを無事終えました。



ララ様は別に不満も言わず、女王様と会話してました。



そして、カティー様の番です。



そこでカティー様は、3月19日で退職される意向を申し出ました。



女王様はすぐに「OK」と返事しました。



実はカティー様の退職をララ様から聞いていたようです。



そしてカティー様がいなくなっても、ララ様が我が家での仕事を続ける約束を取り付けていたのです。



以前から、我が家はメイドは一人でいいと思っていた私と女王様ですから、願ったり叶ったりということです。



ただ私はここでミスをしました。



カティー様に会議の前に給料を渡していたのです。



ポケマネを500ペソプラスした金額をです。



失敗です。



辞めていく人間、10月までと言う約束を反故にした人間に私のなけなしのポケマネをあげてしまいました。



私は時としてこのようなことをしてしまいます。



人が良いと言うより、バカなんです。(泣)



後悔先に立たず、絵に描いたような話でしょ。







と言うことで、3月19日にフィリピーナメイド様たちはターラックに里帰りします。



理由はフェスタだそうです。



これは雇い時の約束ですから問題ありません。



心配はララ様が気が変わらずに3月21日にちゃんと帰ってきてくれるかどうかです。



女王様は心配ないと言っておりますが・・。



今私は、フィリピン人を信用できません。



あまりにも嘘つきが多すぎますからねぇ。



フィリピン人よ、約束を何だと思ってるんだよ!









ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

2010年03月01日 トラックバック(0) コメント(4)

なぬ!!確かに願ったりかなったりですが、責任ないなぁ。
兄さんの人の良さは時に「バカを見たなぁ」って自分では思うかもしれませんが、その温かさに救われる人は非常に多いです。因果応報といいますから、いい種を撒いておけばいい実になるのよ。

それがあなたの、いい、と・こ・ろ っていうCMがあったなぁ。とはいえ、私が大声で怒鳴ってやりたいわ。

2010年03月01日 凛 URL 編集

いやぁ。本当にフィリピン人は信用できません。
と言うより日本人がまじめすぎるのかなぁ。
心を許すと必ず痛いしっぺ返しを浴びせられます。

嫌だねぇ。ホント・・。

2010年03月01日 isao7 URL 編集

isaoさん こんにちは

メイドはいないと困る時がありますが、いると困る時の方が最近は多いのではないかと考える時があります。(笑)

料理さえ自分で出来れば、掃除・洗濯・食器洗いなどだけで、出来たら通いのメイドさんの方が気が楽です。
でもここはフィリピンなので、余り贅沢は言えません。

日本並みの高いサラリーを支給するのであれば、フィリピンでも大学卒業の高い知能と教養ある人を採用できるのでしょうが、どこかで折り合いをつけなければと考えています。

当分はララちゃん一人でなんとかなるように仕込んで下さい。

Tamaraw

2010年03月01日 タマラオ URL 編集

こんにちは。
いつも先輩のおっしゃるとおりです。
折り合いをどこでつけるか?
それさえ出来れば、ストレスもなくなりますよね。
これからもご指導お願いいたします。

2010年03月01日 isao7 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。