フィリピーナに騙された友たち(3) フィリピンサバイバー

フィリピンサバイバー
フィリピンサバイバー > スポンサー広告 > スポンサーサイト> フィリピンの日常 > フィリピーナに騙された友たち(3)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

フィリピーナに騙された友たち(3)


一昨日から、フィリピーナに騙された友たちシリーズを書いてます。


何故かくだらないコメもちらほら。(汗)


gとかノブとか名乗る奴が書き込んでます。


バカは相手にしない、これが私のポリシー。


リッキーさんが変わりに怒ってくれたので、私は全然問題なし。


見当は着いてる奴なので、フィリピン流のお礼でも差し上げてもいいのですがね。


ネットの社会では自分の素性がばれないと錯覚し、くだらないことをする奴らが沢山います。


でも今の時代その気になれば、すぐに見つけられるんですよ。


もうすでにこいつの住んでる町はわかっちゃんたんですよねぇ。


IPアドレスでバレバレだぞ。


g、いやノブか?フィリピンは暗がりが多いから気をつけろよ。(笑)







ま、こんな奴は近いうち大怪我するだろうからほっておきましょう。


で、フィリピーナに騙された友たち(3)


皆さんにわかって欲しいのはこんな事実も合ったという事です。


別にフィリピン人、フィリピーナを非難した物ではないので、そこのところをわかってください。


私の単なる思い出ですから・・。







フィリピーナに騙された友たち(3)



これは私の先輩の話。


先輩はNと言い、当時32歳でした。


今から18年前の話です。


彼は私の幼馴染でもあり、先輩でもあります。


水産高校を卒業した後、Nは大手の水産会社に入り遠洋漁業に従事してました。


北はオホーツク、南は南極海まで、七つの海を股にかけた漁師でした。


とはいっても大型のトロール船のサードエンジニアだったようですが。(笑)


この先輩Nは世界の商売女は知ってても、本当の恋愛は一度もしたことがない純な男でした。


言うなればフィリピーナタレントには格好の餌食になるお客さんです。


申し訳ないことにこの先輩にフィリピーナ遊びを教えてしまったのは私です。(汗)






私と先輩Nは毎日のように、あるフィリピンクラブに遊びに行ってました。


そこでN先輩は当然恋に落ちました。


タレントの名はキャンディー。


フィリピーナにしては背が大きく、とてもグラマーな女性でした。


年は22歳と言ってました。


N先輩はキャンディーを毎日指名し、時には同伴もしてました。


ところがこのキャンディー、N先輩がいくら誘ってもデートには応じませんでした。


理由は後でわかったことですが、男がいたからです。


そんなことを知らないN先輩、ひたすらデートの誘いを繰り返します。


私はキャンディーに何か不自然さを感じていたので、N先輩に時折忠告してました。


「先輩、あの女はヤバイっすよ。」


こんな感じの忠告しか出来ませんでしたが。


キャンディーは日本が2回目のタレントだが、妙に洗練されていました。


髪は当時流行っていたソバージュ、腕にはグッチ。


タレントには似つかわしくない姿で仕事をしていました。





ある日N先輩が私にうれしそうに話しました。


「今度の日曜日、キャンディーとデートするんだ。○○のセブンイレブンの前に午後2時の約束なんだ。」


N先輩にとっての生まれての初めてのデート。


果たして大丈夫だろうか?


気になった私は、日曜日午後2時に例のセブンイレブンの近くに行きました。


N先輩に見つかるとまずいので、ちょっと離れたところに車を駐車しN先輩を見てました。


N先輩はゴールドの新車のソアラで現れました。


車から颯爽と降り立ったN先輩。


なんと三つ揃えのスーツ、そして左手には真っ赤なバラの花束。


想像してみてください。


N先輩は容姿が佐藤蛾次郎そっくりなんです。(笑)
gajiro.jpg

ホントよく似てるんです。


学校時代からあだ名は”蛾次郎”でしたから。


伸びすぎたパンチパーマ、そしてヒゲ。


自分で意識してるんじゃないかと思うほどです。


蛾次郎がグレーの三つ揃えのスーツに真っ赤なバラ。


想像してみてください。(笑)


N先輩すみません。






N先輩はなぜか、セブンイレブンの駐車場に止めた車の前に立ってキャンディーを待ってます。


この辺が純な男の行動です。


何も車の中で待てばいいものを・・。





そして、約束の2時が過ぎました。


時間に遅れるのはフィリピーナの習性と先輩に教えておきましたから、先輩気にも留めずに待っています。


しかし3時を過ぎてもキャンディーは現れません。


それでも先輩は待っています。


そしてついに4時も回りました。


「ヤッパリな。」


私は予想してましたがN先輩が不憫になりました。


私は彼女たちの暮らす寮を知っていたのですぐに車を飛ばしました。


ここからほんの5分のところです。


タレントたちの寮につくと私は部屋を激しくノックしました。


出てきたのはジャージ姿のレンです。


実は彼女私の元カノです。


勘違いして抱きつくレンに「キャンディーはどこだ?」ちょっとドスを聞かせて尋ねました。


雰囲気を察したレンはキャンディーは朝からいないと話しました。


「ヤロウ・・。」


レンにキャンディーのことを追求すると、男がいて恋人同士になってると聞かされました。


私はN先輩が気になりまたセブンイレブンへ向かいました。


するとN先輩はまだ同じ場所に立ってます。


私はどうしようか迷いました。


このまま見ない振りをして帰ろうか。


でもヤッパリ声をかけよう。


「N先輩!」


「やあ、キャンディー何かあったのかなぁ。まだ来ないんだよ。」


時計はすでに5時を回ってます。


N先輩はすでに3時間もここで待っているのです。


「何か用事でも出来たんじゃないですか?だから今日は来れないんでしょう。」


私が言うと、


「そうかな?腹が痛くなって寝てるとか、風邪を引いて寝てるとかじゃなければいいんだけどな。」


この人はなんて純情なんだろう。


キャンディーのことをこれっぽっちも疑ってないや。


「先輩、今日は帰りましょう。」


「いやもうちょっと待ってみるよ。」


私も先輩に6時を回るまで付き合いました。






「やっぱりなんか遭ったんだよ。心配だな。」


まだキャンディーを疑りもしません。


この頃はまだ携帯電話も普及してません。


でもタレントの寮には電話があります。


しかし私は先輩に電話番号は教えませんでした。






4時間半キャンディーを待ち続けた先輩。


そんなに待たされてもキャンディーを心配する先輩。


純情すぎると言ってしまえばそれまでですが・・。





さてこの先輩、このあととんでもない災難に巻き込まれることになるのです。


それは次回に続く・・。






恋の喜びは一瞬しか続かない。恋の悲しみは一生続く。
フロリアン











ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

2010年03月06日 トラックバック(0) コメント(10)

僕もこの手の話はよく聞きますが、純情な男を弄ぶのはフィリピーナの専売特許といってもいいでしょう。

誠に情けない限りですが、10数年前に僕も一度しっかりハマりました(苦笑)
僕は一度だけで終わりましたんでよかったですが、中には何度もハマらされた人もいるようですね。

やさしい、誠実な日本人を何人も食い物にしてフィリピンに家を建てて、のうのうと暮らしているフィリピーナが多い事は周知の事実ですが。
まあ、これはどっちもどっちだと思いますけれどね。
男にしても、一度は甘い夢を見た訳ですから。

「フィリピン恋物語」はまだまだ続くんでしょうね、いろんなところで。


2010年03月06日 リッキー坪井 URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年03月06日 編集

応援&励ましありがとうございます。
私はこういう類の奴らをいずれは片っ端から退治したいと思ってます。
gはおっしゃるとおりの奴です。
すでに突き止めてます。
どうしてやろうか算段してるところです。
ご丁寧に顔写真まで載せてる奴ですからね。
話は簡単です。(笑)

これからも応援よろしくお願いします。

2010年03月06日 isao7 URL 編集

言われるとおりどっちもどっちでありますね。
ただこういう人たちは高い授業料をどれだけ払っても懲りずに同じことを繰り返してしまうんですよね。
そお言う私も過去に一度だけハマりそうになったことがありますがね。(笑)
ただ私が信じられないのは、今現在も「フィリピン恋物語」に嵌っている人がいると言うことです。
擬似恋愛をいつの間にか真恋愛と錯覚する人たち、なんとも切ないですね・・。

2010年03月06日 isao7 URL 編集

ピナは日本人が思う程には悪い事したとは思ってないですよね。例え騙した日本人の生活が壊れても知ったこっちゃないっていうかもしかしたら騙したとは思ってないかも知れません。フィリピン人は「ある者はない者に与える」「ない者はある者にもらうのが当然」ですね。
日本人はみかえりを求めてしまいがちですがフィリピン人には無駄な期待です。
ピナに搾り取られた話はいっぱいあるのに今もなくならないのはそれ程ピナが魅力的ってことなのかな。

2010年03月06日 dang URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年03月06日 編集

フィリピーナの愛=お金。
これは多分永遠に切り離せないでしょうね。
私は今、警鐘を促す意味でこのシリーズを書かせていただいてます。
水商売は所詮やくざな商売、人の弱い心を利用して利益を上げるビジネスです。
斯く言う私ももっとやくざな世界に身を置いてましたが・・。(汗)

確かにフィリピーナと結婚して、本当に幸せな暮らしをしている方も沢山おられます。
しかし残念ながら私の周りの友人知人たちは9割がた離婚という末路を辿っています。

フィリピンにもとても純粋で人間性に溢れた女性も沢山います。
ただその女性たちも”日本”と言う国に係わりだすと、純粋さと言うものを次第に失ってしまうようです。

男性が持っている最良の財産、あるいは最悪の財産、それはいずれにせよ、自分の妻ということになる。
トマス・フラー
いい格言ですね。(笑)

2010年03月06日 isao7 URL 編集

>フィリピン人は「ある者はない者に与える」「ない者はある者にもらうのが当然」ですね。
この意見には賛同できません。
フィリピン人は「ある者はない者に与える」なんてことはしません。
そんな人種だったら国自体がもっと良くなってますよ!
フィリピン人は「ある者はない者を”無視する”」これは資本主義をアメリカから刷り込まれた日本人と全く変わりません。
そして「ない者はある者にもらうのが当然」ではなく、「ない者はある者に”たかる”」が正解です。

>それ程ピナが魅力的ってことなのかな。
というよりも学習能力のない日本人が多いと言うことです。
「今度こそは」、「自分だけは」そんな生半可な気持ちでフィリピーナと係わるから痛い思いをしてるのでは?
彼女たちが水商売をしてるのは男を見つけるためではなく、お金を稼ぐためですから。

2010年03月06日 isao7 URL 編集

私は男運が悪かったんで(笑)ちなみに日本人でしたが。
先輩純情ですね。優しさにつけいったわけですね。水商売はバイトでしかしたことがありませんが、カフェに毛が生えたようなお店で居心地がよかったです。

「何か買ってあげようか」と言われ、怖くなり「笑袋」をリクエストしたのは私です。

親切心に異常に甘えたり、とりいったりするのは大変不愉快ですね。

コメントが前後しますが、躾とは身を美しくすると書きますもん。自分自身が躾の行き届いたとは言い難いですが、兄さんが一生懸命愛情を持って悩み、考え、接しているのがちゃんと伝わりますよ。

色々な考えの人がいるでしょうが、兄さん、くれぐれも気をつけてくださいね。リッキーさんと早く会えるといいですね。

2010年03月06日 凛 URL 編集

>私は男運が悪かったんで(笑)
それは間違ってるよ!
妹は男運が悪いんじゃなく、男運がいいから今の彼と会えたんだから!
全てはこの現実と未来のためにあるんだよ。
人生に無駄な時間など1秒もないんだからね。

でも”笑袋”しゃれたオネダリだね。(笑)
いつも心配ありがとう。

2010年03月06日 isao7 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。