フィリピーナのハニートラップ フィリピンサバイバー

フィリピンサバイバー
フィリピンサバイバー > スポンサー広告 > スポンサーサイト> フィリピンの日常 > フィリピーナのハニートラップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

フィリピーナのハニートラップ

長男を学校まで送り届け、部屋の掃除も一通り終わりました。


幸い次男坊が、Dsiで遊んでくれているのでこうして更新できるわけです。


しかし、最近このブログの更新だけが趣味になってしまいました。(汗)


こうして書いていることはマスターベーショ的なものですから、内容に関しては広い心でご容赦ください。





今回はフィリピーナハニートラップについて書きたいと思います。


これまで、何回かに渡り「フィリピーナに騙された男たち」を書いてきました。


これは全て私がこの目で見た事実、ノンフィクションの物語です。


と言うよりドキュメンタリーのようなものです。


この物語を書き始めて、多くの方からコメントやメッセージをいただきました。


正直、フィリピーナに騙された方が多いのには驚いてます。(大汗)


私の周りで起こっていたことは、日本の至る所で起きていたんだなぁ、と今更ながら気付きました。


コメントをくださった方の中には、現在進行中の方もおられるようですが・・。




でも私の記事はフィリピーナを批判した物ではありません。


あくまでもフィリピーナと失敗しないための参考になれば、と思って書いています。






前置きが長くなりましたが、フィリピーナハニートラップを考えて見ましょう。


ハニートラップとは?

ハニートラップとは、女性スパイが対象男性を誘惑し、性的関係を利用して懐柔するか、これを相手の弱みとして脅迫し機密情報を要求する諜報活動で、人的諜報ヒューミントの一種。またスキを見せた標的をその場で殺害する事もある。ただし必ずしも女性スパイが仕掛けるものとは限らず、東ドイツの『ロミオ諜報員』のように男性スパイによって対象女性を罠にかけることもある。つまりいわば「色仕掛け」による諜報活動といえるだろう(『ハニートラップ』を直訳すれば、『蜜の罠』となる。)。セクシャルエントラップメントと称されることもある。
Wikipediaさんより引用


まあ、フィリピーナは女性スパイではありませんから、諜報活動は自分のお客さん確保のために行うくらいでしょう。(笑)


ここではハニートラップ=色仕掛け、と解釈していただけたらと思ってます。


フィリピーナのハニートラップ、私のブログ訪問者の方々はほとんどの方が経験したのではないでしょうか?


では何故フィリピーナはハニートラップを仕掛けるのでしょうか?


この疑問、私は色々考えました。


フィリピーナそれぞれ違うのでしょうけど、結論はお金です。


フィリピンパブに来るお客さんをどれだけトラップにかけられるか?


それが彼女たちの報酬、稼ぎに関係してきます。


お客さんを何人呼んでナンボ、お客さんに店にお金を落としてもらってナンボ、の世界の住民たちなのです。


それは以前のタレントたち、今のアルバイトたちも同じことです。


まあ、今のアルバイトたちは超ベテランのフィリピーナですから、こと稼ぎに対しては貪欲ですからご注意を。(笑)






どうも日本人の純な人たちは、勘違いされてフィリピンパブに出かける人が多いようです。


お金を払って擬似恋愛を楽しむのが正しいフィリピンパブの遊び方なのですが、どうもこの正しい遊び方の出来ないお客さんが多いようです。


擬似恋愛から勝手に擬似を取ってしまったために、フィリピーナの思う壺、そうハニートラップにかかってしまうのです。


結果はご存知、「騙された」になってしまう訳です。


なかにはもっと遊び上手なお客さんも存在します。


こちらが「騙した」日本人になる訳です。


斯く言う私は、ある界隈では「フィリピーナコレクター」などと嫌な仇名をいただいてた時期があります。(泣)


私は浮気者ではありません。


恋人、彼女、はいつも一人です。


ただ、くっつくのが早くて、別れるのも早かっただけなのです。


フィリピーナたちはチスミスが大好きですから、こんな仇名はあっという間に広がってしまうのです。





フィリピーナのハニートラップ、これは彼女たちが生きるために得た技術です。


それでお金を稼ぐプロフェッショナルなのです。


どうも書き忘れてましたが、ここで言うフィリピーナとは日本の水商売で仕事をしているフィリピーナを指しています。


そこのところをご理解くださいね。




昼ごはんの支度をしなくちゃいけないので、今回はこの辺で。



続く・・。





我々の最も大きな誤りは彼女達が我々を愛していると信じていることではなく、 むしろ我々が彼女達を愛していると思いこんでいることである。
                               サシャ・ギトリ




ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

2010年03月09日 トラックバック(0) コメント(2)

ほら、isaoさんのブログはやっぱりおもしろいじゃないですか、ね。
僕は昨日お話しした計画はあきらめませんので、よろしくお願いしますね!
今日のブログもやはり「ん~、そういえばこんなことあったな」的なネタがふんだんで、非常にいい感じです。

やはりフィリピーナは「世界一のホステス」と呼ばれるだけのことはありますね、僕もそれは感じます。
やっぱりどうも嫌いになれないんですよね、このしとたち(笑)。
最初は「こいつら、何ポコポコ言ってんだ?」と思ってました。30年前のことです(爆)。

2010年03月09日 リッキー坪井 URL 編集

返事は近日中に出させていただきます。

フィリピーナは生まれながらにホステスの素質を持ってるようですよ。(笑)
私やリッキーさんのタイプは、この人たちの明るさ、大らかさにやられてしまうんですよね・・。
ホント、懲りない面々ですね、私たち。(爆)

2010年03月09日 isao7 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。