フィリピーナは生まれながらのタレント。(汗) フィリピンサバイバー

フィリピンサバイバー
フィリピンサバイバー > スポンサー広告 > スポンサーサイト> フィリピンの日常 > フィリピーナは生まれながらのタレント。(汗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

フィリピーナは生まれながらのタレント。(汗)

さあ、今日のお勤めは無事終了しました。


疲労困憊ってやつです・・。(大汗)


どうもタイピングもうまくいきません。


誤字脱字の際はご容赦を。





二人のガキども、ベットの上で暴れ回ってます。


早く寝てくれませんかねぇ。


パパは死んじゃうよ~。(泣)





今日はこんな事件がありました。


家の近所にジェーサと言う8歳の女の子がいます。


とっても可愛い子でとっても私に懐いてます。


ジェイサは私を見ると「クヤ」と笑顔で声をかけてきます。


その笑顔が可愛いので、よくチョコレートやメイド手作りのアイスキャンディーをあげてました。





今日の夕方ジェーサがうちの長男に声をかけてきました。


アイスキャンディーが欲しいと言うのです。

008_convert_20100309214337.jpg
黒っぽいのがマイロ(日本ではミロと言いますね)とコンデンスミルク入りのアイスキャンディー。
白いのがアイスキャンディーブーコ(ココナッツミルクとココナッツの実が入ったアイスキャンディー)。
どちらも2ペソくらいで至る所(普通の家々)で売られてます。



今うちの冷蔵庫には最後の2本のアイスキャンディーしか残っていません。


なので私は長男に目配せを送りました。


長男は察して、「アイスキャンディーはないよ」と言ったのです。


でもジェーサは引き下がりません。


ねこなで声で長男に言いました。


「アイスキャンディーちょうだいよぉ~」


困った長男はジェーサに言いました。


「もうララお姉さんが田舎に帰っちゃったから、アイスキャンディーはないんだってば!」


この言葉にジェーサの態度が急変したのです。


「このうそつき。おまえはケチだ。だからそんなうそを言うんだな。もう遊んでやらないよ!」


そう言って凄んでます。(汗)


まるで、タレントがお客さんに来店を断られたときのようです。(大汗)


フィリピーナはこんな小さいうちから猫を被ることが出来るんですねぇ。


私はすっかり8歳のフィリピーナ騙されていた訳です。


してやられました。


純粋で可愛い女の子だと思っていたジェーサは、本当は腹黒いフィリピーナだったのです。(汗)


考えて見れば思い当たることがありました。


ジェーサは私がチョコレートをあげると、ありがとうも言わず毟り取るようにして去っていきます。


そして物陰に隠れ、貪るように食べていたのです。


私は「兄弟でも多くて盗られちゃうから隠れて食べるのかな」、とこんな程度のことを考えてました。


しかし、その姿がジェーサの本性だったようです。


この私をこんな簡単に手玉に取ったフィリピーナはジェーサが初めてです。





生まれながらにして、ホステスの素質を持っているんですねぇ。


いつもながら、恐るべしはフィリピーナです。






命と引き換えに金を欲しがるのは強盗であるが、女はその両方とも欲しがる。
                                                バトラー









ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

2010年03月09日 トラックバック(0) コメント(8)

いやまったく、末恐ろしいガキですねそれは。
そんなおねいちゃんにコロッと騙される犠牲者が増える訳ですね~、まさに「毒牙にかかる」という感じで。

またフィリピーナは早熟ですからね~、16~17歳でもう十分大人になっちゃうわけですから、あと数年で戦力ですね、家族にとっても、フィリピンという国にとっても。
あ~恐ろしいv-12

2010年03月10日 リッキー坪井 URL 編集

isaoさん おはようございます

>ジェーサは私がチョコレートをあげると、ありがとうも言わず毟り取るようにして去っていきます。

小さい時から、「有難う」という言葉と「済みません」という感謝と謝罪の言葉を自分の辞書から削除している国民と理解しています。

きちんと教育を受けた、又は家庭の躾を受けた子はやはりきちんとしておりますが、フィリピンではそれを期待するのは数少ない、人たちのようです。(笑)

Tamaraw

2010年03月10日 タマラオ URL 編集

本当に怖いですよねぇ。
目的の物を手に入れるためには、女を武器にする。
これこそが、ハニートラップ・・。

あの子の目を見たとき、背筋が寒くなりましたよ。(汗)

2010年03月10日 isao7 URL 編集

おはようございます。

>きちんと教育を受けた、又は家庭の躾を受けた子はやはりきちんとしておりますが

ここですね。
私はこの礼儀を子供たちにキチンと教えたいのです。
当たり前のこと、これを教えるのが大変な国なんですね・・。(汗)

2010年03月10日 isao7 URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年03月10日 編集

まるでコンビニの入り口をウロウロしている
野良猫のような…
人からものを戴いたら、”ありがとう”
そうすれば、その場だけではなくよい人間関係が築けるのに…
しつけなのでしょうか…

ところで、ミロって人気があるのですか?
以前、うちの比国に帰国した元彼女と電話で話をしている時、
後ろで弟がギャーギャー言って、タガログ語で喧嘩してたので、何を騒いでいるのか?と聞いたら、”ねーちゃん、ミロ飲みたい、飲んでいいか?”と騒いでいたようだったので…

2010年03月10日 ムタ URL 編集

そうですね。
掘り返せばDNAのなせる業なのかもしれませんね。(笑)
でも仰るとおり、彼らをそうしてしまったのは日本人かもしれませんね。

2010年03月10日 isao7 URL 編集

>野良猫のような…

その通りです。
基本的な教育躾けがなされないまま育ってしまいますからねぇ。
でもDNAもかなり影響を与えてるんじゃないかとも思い始めてます。(笑)

>ところで、ミロって人気があるのですか?

はい。
フィリピンの子供たちは大好きです。
家の長男も毎朝、飲んでますよ。
それもアイスで。(笑)
フィリピンでは、と言うよりも、「ミロ」の正式な名称は「マイロ」のようです。
以前”ミロ”と発音していたら、フィリピンパブのタレントに大笑いされました。(汗)

2010年03月10日 isao7 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。