ここまでやるか?フィリピン・バックラ (オカマ)その2 フィリピンサバイバー

フィリピンサバイバー
フィリピンサバイバー > スポンサー広告 > スポンサーサイト> フィリピンの日常 > ここまでやるか?フィリピン・バックラ (オカマ)その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ここまでやるか?フィリピン・バックラ (オカマ)その2


ニューハーフ3人、不法入国し日本人男性と結婚

3月17日8時1分配信 スポーツ報知
 福岡県警は16日までに、性別適合(性転換)手術や豊胸手術などを受け、女性名義のパスポートで不法入国したとして、入管難民法違反の疑いで福岡市博多区に住むフィリピン人の男3人を逮捕した。全員が日本人男性と結婚していた。告発した福岡入国管理局によると、3人は一見して女性と見間違えるほどの“美人”。「女になって日本でずっと働きたかった」と容疑を認めているという。

 福岡入管によると、3人の逮捕容疑はフィリピンのブローカーに手数料を支払って他人名義のパスポートを入手し、不法に入国した疑い。日本人の夫のうち1人も入管難民法違反ほう助の疑いで逮捕されており、残る2人の夫についても現在、調査中だという。

 3人の“妻”は以前、福岡県内の複数のニューハーフパブでダンサーとして働いていた際、後に“夫”となる日本人の男性客と知り合い、他の女性名義のパスポートで再入国し婚姻届を提出。日本人配偶者などの在留資格を得ていた。同資格を不正に得る手口として偽装結婚があるが、今回のケースはこれには該当せず、実際は男同士のため婚姻自体が無効となる。

 3人はそれぞれ30、43、44歳。タイなどで性転換手術を受け(うち1人は豊胸手術のみ)、日本に不法入国。今回取り調べられる直前まで、博多区内の同じパブで働いていた。3人を実際に見た担当者は「いずれも年齢より若く見えて、美人だった。街ですれ違ったら、たいていの男性が『おっ、かわいいな』と振り向くと思う」と話した。

 同入管によると、今年1月1日時点の不法滞在者は全国で約9万2000人。うち約1万3000人がフィリピン国籍で、観光や留学などの名目で入国し、15日から1年の滞在期間が過ぎても帰国していない。同国は経済成長の途上にあり、きょうだいのうちの女子がダンサーなどで日本に出稼ぎに来ることも多い。男兄弟ばかりの場合、一番かわいらしい男子を女装させて送り込むこともあるという。

 同入管によると、今回のように、女性になりすまして結婚したケースは福岡では初めて。3人は今後、日本の裁判にかけられ、最終的には母国へ強制送還となる。日本で“女の幸せ”をつかもうとした3人は「日本にずっといたかったが、バレてしまった以上、早くフィリピンに帰りたい」などと話しているという。





昨日話題にした、不法滞在のバックラたち。


やはり本音が出てきましたね。


>「女として生きて、好きな人と結婚して長く生活したかった」


と最初の供述。



しかし今は、


「日本にずっといたかったが、バレてしまった以上、早くフィリピンに帰りたい」


本音が出ました。


フィリピン人の得意技。


開き直りです。




フィリピン人は謝罪の代わりに言い訳、アリバイを目いっぱいします。


次にどうにもならなくなると、開き直り、逆ギレに出るのです。


これがフィリピン人に対して納得できない所でもあります。


開き直り、逆ギレの前に謝罪が必要なことを知らないのです。


よく国民性云々と能書きをたれる人がいますが、国民性より人間性の問題でしょう!




私は妻がフィリピン人、子供たちもフィリピンで生まれ育ちました。


そして私も現在フィリピンにお世話になってます。


そんなところから、フィリピン人蔑視、フィリピン人批判はしたくありません。


しかしこれがフィリピン人の本質だとすれば、フィリピン人そのものを否定するしかないのです。


どうしてフィリピン人は謝罪が出来ないのか?


どうしてフィリピン人はこうなってしまったのか?


時間をかけて考えたいと思ってます。


そんなフィリピン人ばかりじゃない。


判り切った意見はご遠慮ください。


フィリピン人を理解しようと努力している最中ですから・・。






人生の意義は偽をにくみ、真を愛することを学ぶにある。 ブラウニング





ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

2010年03月17日 トラックバック(0) コメント(2)

日本には四季があり、日本人は厳しい自然と戦って生きる必要がありました。
春夏には村の仲間たちと一致団結して田畑を耕し、冬には肩寄せ合って寒さに耐えなければなりません。
他人を尊重し、約束を守り、誤りがあれば正し謝罪しなければ、仲間外れにされてしまいます。仲間外れにされてしまえば死んでしまうしかありません。
こんな生活が何千年も続いており、これがDNAに刻み込まれています。

フィリピンは豊かな南国の楽園ですから、他人とつきあう必要がありません。
日本とは違って風土が豊かなのです。
腹が減れば木の実をもいで食べればいいし、年中海や川で魚もとれます。冬はありません。
疲れたら、木の下で眠ればいい。
食べ物もねぐらもなんとかなる。働く必要は特にないし、仲間と協力する必要も、約束をする必要もありません。
こんな生活が何千年も続いていて、これがDNAに刻み込まれています。

働いたことも謝罪をしたこともない豊かな南国の楽園の人種に、神経質になれと言っても、そういうものが遺伝子の中に存在しないのですから、無理なんじゃないですかね。

2010年03月18日 小林 URL 編集

DNAで刻み困れたものでも、人間は進化してるのでは?
フィリピン人だけが進化してないと言うことはありえないでしょう?

私は科学者じゃないので、この手の話は勘弁願います。

2010年03月18日 isao7 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。