フィリピンの戦友 フィリピンサバイバー

フィリピンサバイバー
フィリピンサバイバー > スポンサー広告 > スポンサーサイト> フィリピンの日常 > フィリピンの戦友

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

フィリピンの戦友

今日も快晴のフィリピン・マニラ・QC・サンタルシアです。


今日は少し涼しいですよ。


現在気温は28℃です。





昨日ターラックから帰る予定だった次男坊。


帰ってきませんでした。


我が家にジーナから連絡もありません。


いつ帰ってくるのでしょうか?


便りがないのは良い知らせ


これはここフィリピンでは当たり前のことですから、ヨシとして待ちましょう。





さてメイドがいなくなって、1週間が過ぎた我が家です。


ほとんどフィリピン人の手を借りずに過ごして来ました。


我ながら天晴れと思ってます。(笑)


まあ、我が家には長男と言う秘密兵器がいますからね。

003_convert_20100320105939.jpg
昨日の夜、チキンライスをパクつく長男です。



この長男、間抜けですが良くやってくれてます。




まず、朝一のゴミ捨て。


サスケの散歩。


次に部屋の掃き掃除。


午前中はこの仕事をこなしてくれます。


午後は遊びの間に私のお使いもします。


夕方から夜は、トイレをブラシで磨きます。


そして洗濯物があるときは、綺麗にたたみタンスにしまってくれます。


洗濯ものをたたむのは私より上手で、洋服をしまう場所も私より知っています。(汗)


下手なメイドより全然役に立つ長男です。





私がこちらに来た昨年9月末。


長男はお使いどころか、家の手伝いはまったくしてませんでした。


私はこれじゃいけないと思い、サスケを買い長男に託しました。


これが大正解だったのです。


命の尊さを知り、弱い物を慈しむ心。


彼の心に根付いたようです。





ただ残念なのは集中力が欠けてるところです。


これは学校の先生にも指摘されているところでもあります。


なのでとっても忘れっぽいんです。


同じことを何十回教えても、忘れてしまうんですよねぇ、これが・・。





それに優しすぎる長男はちょっと泣き虫でもあります。


まあ、そういう私も子供の頃は泣き虫でしたから、人のことは言えませんがね・・。(汗)





最近、と子供の教育方針を巡って対立することがあります。


フィリピーナは子供に過保護なんです。


「あんまりジャスティンに色々やらせないで!」


がよく言います。


私は自分が楽なので長男に手伝いさせてるわけではありません。


これも躾け、教育にの一環だと思ってます。


こうして今長男がしていること、きっといつかは彼の未来に役立つと信じています。





長男7歳を見ていて、自分が同じくらいだった頃を思い出します。


私は幼い頃に両親と離れて暮らしてました。


両親は私が5歳の頃離婚しました。


よって私と弟は母に引き取られたわけです。


その母も女手一つで私たちを育てるのが難しく、祖母に私たち兄弟を託したのです。


祖母は小さな漁師町で雑貨店を営んでました。


生活は本当に貧乏でした。


なんせ学校の給食費が払えないほどでしたから・・。


私と弟はそんな境遇を理解したのはとても早かったと思います。


だから祖母に迷惑をかけない、店の手伝いを進んでやる、それが恩返しになることを7歳の頃に学んだんです。


学校から帰れば、店の手伝い。


主に近所の家に配達をしてました。


夏休みには近くにある海水浴場に開かれた海の家に、スイカの配達をしてました。


近くと言っても1キロ以上ありますから、スイカを担いで7歳の子供が歩くのには大変な距離でしたよ。


スイカを担いで歩く道すがら、色んなことを考えたものです。


自分はどうしてこんなことをしなくちゃいけないんだろう?


ただ救いだったのは私の育った漁師町は皆貧しく、家の手伝いをしている子なんてそこらじゅうにいましたからね。




こんな幼い頃の育った環境が、私を強くしてくれたと思っています。


だからフィリピンでこうして生きていけるんだと思っています。



002_convert_20100320110127.jpg
初シリアルを美味しい、美味しいと言って食べてる長男。


私とこうして暮らしている長男。


云わば戦友のようなものですからね。


でも私の背中、長男にどう写ってるんでしょうかね・・。







Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow.
 
昨日から学び、今日を生き、明日へ期待しよう 
アインシュタイン





ランキング参加中。1クリックお願いしますネ!        

  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキングへ
お小遣い稼ぎはこちらで!!

2010年03月20日 トラックバック(0) コメント(9)

戦友。  いい響きですね。   isaoさんの背中 ?
もちろん「鬼軍曹」でしょう。  でもね軍曹は自分の部下が可愛くて負傷したり戦死しない様に厳しい訓練をを与えるのですよ。  内務班でも戦場でも。

ジャスティン二等兵を立派な戦士に育ててください。

                 by__疾風
PS 新メルアド受け取りました

2010年03月20日 hayate URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年03月20日 編集

isaoさん、ご子息、健気で可愛いですネ

お父さんの言いつけ通りに頑張って家事をキチンとする良い子

ですネ!私も30年ほど前に日本人の女房と別れまして分けあり

で7才の長男と5才の長女を引き取って父子家庭をしていました

のでisaoさんの気持ちが良く分かります!!

お身体を大切にお過ごし下さい!

2010年03月20日 アル中ハイマー URL 編集

真心のこもったコメントありがとうございます。
ともすれば躾け、教育に迷いがちな今の私です。
コメント読ませていただいて、涙が止まりません・・。
ありがとうございました。

2010年03月20日 isao7 URL 編集

いつもさりげない応援ありがとうございます。
鬼軍曹か・・。(笑)
ピッタリの表現かもしれませんね。
私の願いは彼に、強く正しく美しく(優しく)生きて行って欲しいんです。
その道しるべ、私が今作ってあげてる最中なんです。
これからもよろしくお願いします。

2010年03月20日 isao7 URL 編集

そうですか。
ご苦労されたでしょうね・・。

これからもこんな私、見守ってやってください。
よろしくお願いします。

2010年03月20日 isao7 URL 編集

また出遅れて「トリ」になってしまいました。
どうかお許しを。

しかしisaoさんはいい文章をお書きになる。
特に最近ジャスティンの姿はskypeでよく見させて頂いてますから、成長度合いがよくわかります。

やはり、奥様のダメ家族が面倒を見ていたころとは段違いに目の輝きが変わりました。
純真な子供の目は本当に輝きが違うんですよね、それが最近のジャスティンです。

isaoさんがそれこそ真剣に、子供たちとまっすぐ向き合ってきた結果だと思います。

子供は子供らしく。

これからのフィリピンにとっても必要な事なんじゃないかと思います。
isaoさん、これからもまっすぐ見ていてやってください。

2010年03月20日 URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年03月20日 編集

どうぞお気にせずに。
こうしてここで頑張っていられるのも、リッキーさんの励ましがあったからです。
本当に感謝してます。

これからも私と子供たち、どうか見守ってやってくださいね。
よろしくお願いします。

2010年03月20日 isao7 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。